syu_rei’s weblog

30代育休中女子。育児と株と英会話、その他日常。

MENU

椅子を100均グッズでスッキリ静かに滑りやすく。靴下が嫌な人に。

1歳児の食事の後のテーブル下の写真

1歳児の食事の後のテーブル下

こんにちは。主婦のsyu_reiです。

おうちの椅子に滑り止めやキズ防止、していますか?

 

試行錯誤した結果、うちでは100均のカバー×フェルトに落ち着いたので紹介します。

フェルトでのキズ防止

家具を買ったとき、椅子の足の裏にキズ防止のフェルトをおまけでもらいました。

自分でサイズを合わせて切って貼ったのですが、椅子を引く角度によっては床がキズついてしまいます。

f:id:syu_rei:20220319092736j:plain

フェルトでのキズ防止

メリット

  • 脚の裏に貼ってあるだけなので、見た目がスッキリしている

デメリット

  • 椅子を引く角度によって、床にキズがつく
  • サイズを合わせて、切って貼るのが面倒

靴下のキズ防止

脚の裏に直接フェルトを貼ったら、斜めに引いたときに床が傷ついて嫌だったので、次は完全に足元をカバーできる靴下を履かせることにしました。

靴下を履かせることによって、床にキズつけることを無くなりました。

しかし、靴下は、使っているうちにだんだん下がってくるし、床の汚れをどんどん吸い込みます。

椅子の脚を靴下でキズ防止している写真

靴下のキズ防止

メリット

  • 床が傷つかない

デメリット

  • だんだん脱げて落ちてくる(時々履かせなおす必要あり)
  • 液体をこぼしたときに吸い込む
  • 髪の毛やほこりを集める

こんな感じに汚くなります。↓

汚れた椅子の靴下の写真

汚れた椅子の靴下

汚い……

フェルト付きシリコンカバーのキズ防止

上の写真のように、靴下は床のゴミを吸いまくるので、100均に売っているシリコンカバーにフェルトが付いたキズ防止をつけてみました。

しかし、椅子のサイズが大きくて、ギリギリ入ったものの、シリコン部分が床に当たって滑りづらく、しばらくすると脱げてしまいました。

椅子の脚のフェルト付きシリコンカバーのキズ防止の写真

フェルト付きシリコンカバーのキズ防止

メリット

  • 床が傷つかない

デメリット

  • 小さめ

お持ちの椅子が細目であれば、フェルト付きシリコンカバー、オススメです。

シリコンカバー×フェルトでキズ防止【オススメ】

うちの椅子の脚は20mm×30mmと、大きめ(?)だったので100均の既製品のフェルト付きシリコンカバーは合いませんでした。

そこで、またまた100均で売っているシリコンカバーとキズ防止用フェルトを買って食って受けたところ、ぴたっとシンデレラフィットしました!

(シンデレラフィットとは、意外なもののサイズがぴったり合うことを言います。)

見た目も靴下よりスッキリしましたし、なにより掃除の手間が減りました。

椅子の脚のシリコンカバー+フェルトのキズ防止

シリコンカバー+フェルトのキズ防止

メリット

  • 床を傷つけない
  • 見た目がスッキリ

デメリット

  • フェルトだけの場合に比べて見た目がよくない
  • フェルト部分にゴミが集まる
  • シリコンカバーは大きめサイズでないと、キズ防止フェルトとサイズが合わない

 

シリコンカバー×キズ防止フェルトで統一しよう!と思って買いに行ったのですが、シリコンカバーのサイズを間違えました。

フェルトシールとサイズを合わせたい場合は、大サイズ(丸脚:直径26mm~32mm、角脚:22mm~28mm)サイズを買いましょう。

100均の椅子の脚シリコンカバーとキズ防止フェルトの写真

シリコンカバー間違えて小サイズ買っちゃった……

シリコンカバーサイズを間違えて買った結果、シール部分がむき出しになって、時々剥がれます( ;∀;)

しばらく使ったら買い替えようと思っています。。

まとめ

椅子を滑りやすくするための工夫について紹介しました。

家の床を傷つけたくなければ、ちゃんとカバーをしましょう。

フェルトのキズ防止だけだと、斜めに椅子を引く場合にキズが付くことがあるので、シリコンカバーを付けたうえでフェルトで滑りやすくするのがオススメです。

110円で買えるもので対応できるので、ぜひお試しください。