syu_rei’s weblog

30代育休中女子。育児と株と英会話、その他日常。

MENU

もしも英語が話せたら、わたしは自信がもてるだろうか。

子ども用英語辞典の写真

子ども用英語辞典

こんにちは。オンライン英会話が好きなsyu_reiです。

 

はてなブログのお題が「もしも英語を自由に使えたら何する?」だったので、そういえば自分は何でオンライン英会話を始めたんだったかな、と考えました。

 

海外で生活してみたい

もしも英語が使えたら、海外で暮らしてみたいです。

夫も私も海外旅行が大好きで、子どもができるまでは、よく海外に行っていました。

 

夫の仕事の都合で、アメリカに赴任するという話があったのですが、立ち消えてしまいました。

残念な反面、ちょっとホッとしたところもあります。

そのときの海外で暮らしてみたい理由は、海外で暮らせば、どうしても英語が必要になるので、勝手に英語が話せるようになるだろうから、なので、英語ペラペラなら逆に住まなくてもいいのかもしれません。

 

留学されている方々のブログを拝見すると、そんなに簡単に話せるようにはならないようですが、海外生活=英語ペラペラ、なイメージがあります。

夫と英語で話して、英語環境を作りたい

家庭の中で自然に英語を使っていれば、子どもも自然に英語が覚えられそうです。

今は、DWE(ディズニー英語)とか、WWK(ワールドワイドキッズ)とかの体験DVDを見せているけれど、やっぱり生の声は違うと思います。

あと、身近な人が話していると、英語をより身近に感じられそうです。

英語を教える先生になりたい

オンライン英会話をしていて思ったのですが、オンライン英会話講師って、めちゃめちゃ自由です。

 

生徒は、講師の予定に合わせてレッスンを入れるので、講師は自分の働きたいときに、自宅から働けます。

 

オンライン英会話をするなかで、老後のアルバイトでオンライン英会話講師ができたら、若い人と話せて楽しいし、小金も稼げていいんじゃないなかなぁ~という野望を描いていました。

 

予定空けていても、レッスン予約されないことがあるので、本業にすると大変だろうけど、副業でやるなら、オンライン英会話講師、めちゃめちゃいいと思います。

英語が話せないことに対するコンプレックス

現在、日常生活で英語と関わることがないので、英語を勉強する目的は「英語が話せないというコンプレックスを無くしたい」につきます。

最近ではモチベーション下がりまくってるし、そもそもやる必要ないかも?と思い始めています。

 

子どもが高校生になるときには、英語の授業が英語で行われるようになり、子どもたちは英語が話せないのが許されない世代になりそうです。

子どもに教えられるとは言わなくても、馬鹿にされないくらいには話せるようになっておきたいです。

 

余裕があったらまたオンライン英会話したいなぁ。

話せる話せないは結局コミュ力

英語が話せないコンプレックスを無くすために、英語をこっそり勉強しているのですが、結局のところ話せる話せないはコミュニケーション能力によります。

 

多分、魔法で英語がペラペラに話せる能力が身についても、わたしは海外の方と話せないと思います。

話す話題が分からないです。

 

日本語も英語もコミュニケーションをとるための手段であって、話さないなら何の意味もないんですよね。

 

英語以前に、雑談力をつけないとなぁ。

(オンライン英会話で雑談するのは、①英語力②雑談力③日本人以外と話す、すべての練習になるのでとてもいいと思っています。)