syu_rei’s weblog

30代育休中女子の興味のあること。育児と株と英会話、その他日常。

MENU

スマホゲームでポイントがもらえる仕組み。企業メリットを考えた。

無料アプリゲームをダウンロードでポイントがゲットできるmoppyのイメージ図

こんにちは。スマホゲームでのポイ活が大好きなsyu_reiです。

今までに様々なスマホゲームの条件達成でポイントをもらってきました。

 

実際に始めるまでは、

スマホのゲームをするだけでお金(ポイント)がもらえるってどういうことなの!?

と思っていました。

 

実際に案件に挑戦してみて、ポイントを付与してまで参加者を増やしたい理由が分かってきた気がするので、まとめてみました。

推測なので、正しいかどうかは分かりませんが、企業側にもメリットがあるのは確かです。 

 

無料のアプリでポイントがもらえるなんて怪しい……

と思っている方は、企業側のメリットを納得できれば、安心してスマホアプリゲームでのポイ活に挑戦できると思うので、参考にしてみて下さい。

▼ アプリゲームでのポイ活はmoppyが便利 ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

認知度を上げる・拍をつける

まず、一番に考えられるのは、アプリゲームの認知度を上げるためにポイント案件を広告として利用していることが考えられます。

私がよく使っているポイントサイトmoppyの会員数は700万人以上。 

十分、広告効果があるんではないかと思います。

 

また、ポイントサイトに掲載してダウンロード数を増やすことによって、ランキングなどで上位に表示させることができ、ダウンロード数をさらに増やすことができます。

 

  • 〇月のダウンロード数No1!
  • ダウンロード○○万人突破!

 なんて言われると、やってみたくなりますよね。

条件達成後も続けてくれることを期待

スマホアプリゲームのポイント獲得のための条件は、ハードルが高いものが多いです。

ポイントが1,000円分を超えるものは、標準で2週間程度の時間がかかるものがほとんどです。2週間プレイすれば週間化される人もいるかもしれません。

また、条件達成のときには、それなりに強くなって面白くなってきます。

今までかけた時間も考えて、そのまま続ける人もいるでしょう。

条件達成のための課金を期待

高価な案件になると、もらえるポイントは1,000円を超えます。

代わりに時間がかかります。

初回アイテム購入などは、割引されていて1,000円以下の課金で、しっかりした内容のアイテムがもらえることが多いです。

条件達成の期日が近づくと、間に合わないかもしれないという不安から、課金する方もいるかもしれません。

500円課金しても1,000円分のポイントがもらえればトータルで得なので、課金へのハードルも下がります。

 

ゲームによっては、課金すると、自分が属している団体の仲間全員におまけアイテムが付与されることもあります。

他の仲間が課金している通知は、課金へのハードルを下げる効果があるんじゃないかと思います。

アクティブユーザーを増やす

どんなに面白いゲームでも、リリースしたばかりの時のプレイヤーは少ないです。

また、最近のゲームには、オンラインで他のプレイヤーと関わっていく要素がたくさんあり、参加者が多ければ多いほど面白くなっていくものが多いです。

 

開発者側が期待するプレイヤー人数に達していないとき、ポイントサイトを通じてプレイヤーを増やそうとするのではないかと思います。

ギルドなど仲間と協力することで強くなるシステム

ポイントサイトで案件としてよく挙がっているのが、ストラテジー系のゲームです。

同じ団体に属する仲間と協力することによって、新しい機能がオープンしたり、クリアへの時間が短縮できたりします。

 

ゲームによって呼び方が違うので、団体と言っていますが、具体例は以下の通りです。

  • ロードモバイル   ギルド
  • ブラックホライズン 王国
  • 獅子の如く     一族
  • 天地の如く     連盟

 

リアルタイムで仲間が協力してくれたのが分かるので、団体内で仲間意識が芽生えます。

活発におしゃべりしている人たちもいて、楽しそうです。

(そういう仲間ができるとやめづらくなるので、私は極力かかわらないようにしています。)

リアルタイムバトル系ゲームの参加者が増える

ポイントサイトには、リアルタイムバトル系のゲームの案件もあります。

 

私が挑戦したゴッタマゼイヤーは、バトルの時、最大32名まで同時にプレイできます。

バトルにエントリーすると、2分間の待ち時間があり、他のプレイヤーの参加状況に合わせて参加者が決定します。

www.syu-rei.com

 

たぶんその2分の間に他のプレイヤーが全くいなければ、自動に動くキャラクターと一緒に戦うことになるのでしょう。

私がやっているときは、毎回30人くらいは集まっていて、リアルタイムの参加者の多さに驚きました。

 

大人数でプレイできることが楽しいゲームなので、常にプレイヤーが欲しいはずです。

バトル開始時に「〇人対〇人」と表示されるし、バトル後に一緒に戦った仲間が確認できるので、参加人数は一目瞭然です。

あまりに参加者が少ないと、面白くないし、やる気がなくなってきてしまいます。

 

プレイヤーが減ってきたタイミングで、ポイントサイトの案件として登場するのかもしれません。

活発なゲームほど楽しい

最近のアプリゲームは、リアルタイムで他のプレイヤーの動きが分かります。

自分の城を攻撃されたり、チャットで話しかけられたりするだけではなく、資源マスへの移動や探索など他プレイヤーに関係しない動きでも、他のプレイヤーに表示されています。

 

自分がプレイしているときに、隣のプレイヤーもプレイしているのが分かると、何となく面白いです。

全然知らないプレイヤーですが、一緒にゲームを楽しんでいる感覚になります。

 

活発なゲームほど面白いです。

他のプレイヤーから侵略される対象となる

ストラテジー系のゲームをいろいろやってきたのですが、どのゲームも他のプレイヤーを攻撃して資源を奪うという機能があります。

しかし、城同士で争うゲームでは、同盟が組まれており、下手に手を出すと同盟の力で反撃にあうことがあり、なかなか城を攻めることはできません。

(ブラックホライズンをプレイした時は、私が属する王国のメンバーが強い王国メンバーに攻撃を仕掛けて、反撃で袋叩きにされる現象が起こりました。)

www.syu-rei.com

 

資源収集中の部隊を攻撃することは、タイルキルと言われており、大体のゲームで嫌われています。

 

そんな中、攻撃しても許されるプレイヤーが存在します。

それは、全然ログインしていない非アクティブなプレイヤーです。

 

ポイント目的でプレイして、残された城がそれにあたります。 

楽しくプレイしたいけど、城も攻めてみたい!という人に向けての餌みたいなポジションも必要なのかな、と思っています。

 

まとめ

私自身、疑り深いので、「無料ゲームで遊ぶだけで、お金がもらえるなんておかしい!情報が抜かれているのかもしれない!」と思っていました。

しかし、ゲームの内容を見てみると、単純にプレイヤーを増やすだけでも価値があることが分かりました。テレビでCMを流すことを考えたら、ポイントサイトでの掲載なんて、微々たる出費でしょう。

ポイントサイトでの、アプリゲームダウンロード&条件達成のポイント案件は、企業側と利用者側で、win winの関係になっています。

これからも安心して取り組んでいこうと思っています。

ぜひ挑戦してみてください。

▼ アプリゲームでのポイ活はmoppyが便利 ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

アプリゲーム案件はころころ変わってしまうので、とりあえず登録しておいて、いいのを見つけたら挑戦しましょう。

f:id:syu_rei:20200226142553j:image