syu_rei’s weblog

30代育休中女子。育児と株と英会話、その他日常。

MENU

妊娠中に体調が悪いのを「そんなこともあります。」って言われるとしんどい。

妊婦健診34週の写真

こんにちは。第2子妊娠中のsyu_reiです。

逆子で心配していたのですが、34週の健診では直っていました。

また逆子にならないことを祈ります。

www.syu-rei.com

 

 

胎動が激しすぎて吐く

おなかの中の子は、めちゃめちゃ元気です。

目で見て分かるレベルにおなかが動きます。

お腹の動きに身体全体が持ってかれそうになるくらいです。

 

日中はいいのですが、夜中が困りものです。

胎動で目が覚めることは前からあったのですが、最近では動きが激しすぎて、胃を圧迫してきます。

夜ご飯ちょっと食べすぎたかな?という日は、我慢できずに吐くこともあります。

第1子の時は、胎動で吐くなんてことはなくて、ちょっとビビっていたのですが、健診の時に助産師さんに相談したら、

「そんなこともありますね。」

で終わってしまいました。

 

……そうかもしれんけど。ちょっと心配してほしいなぁ(´;ω;`)

という気持ちでした。

 

大きい病院になるほど事務的な気がします。

 

どうにもならないのは分かってるけど、心配してほしくて話すことが多いです。

一言「大変だね。がんばろうね。」が欲しいだけ……

 

夫が言ってもらいなさい、って話ですね。

 

エコー写真紹介

今回のトップ写真は34週の検査の超音波写真です。

妊娠初期は検診の超音波写真が楽しみなのですが、子供が大きくなってくると全体像が映らないし、変化も少ないので面白くありません。

妊婦検診も面倒だけど仕方なく行くという感じなのですが、今回の検診の超音波検査では目の中の水晶体がはっきり見えて、久々に超音波写真に感動しました。

おしゃぶりしてる横顔です(人*´∀`)。*゚+

目の中の光みたいな楕円が水晶体。漫画みたい笑

妊婦健診34週で目の水晶体が見えているエコー写真

 

コロナで妊婦の不安増加

コロナ禍で妊婦のうつが増えてるらしいです。

news.yahoo.co.jp

里帰りもしづらくなったし、いざとなったとき遠方の親せきを頼るってこともしづらくなりましたもんね。

母親学級や各種説明会も無くなってしまいました。

私は二人目なのでまだましですが、初産婦の方はより不安なことでしょう。

 

分娩予約ができなかったときは、本当にビビりました。

www.syu-rei.com

 

上の子を預けようと思っていた子育てプラザの職員さんがコロナの疑いで休んだときも、施設が閉館しちゃうんじゃないかと不安になりました。

www.syu-rei.com

まだ預け先決まってないので不安は継続中です。

まとめ

来週から妊娠10ヵ月目に入ります。

不安なことはたくさんありながらも、ワクワクしながら出産を待っています。

 

助産師さんの対応に悲しくなったり、街中で助けてもらって感動したり、感情の起伏が激しいです。

街中で階段しかなくて、ベビーカーを持ちながら子供の手を引いていると、結構な確率で助けの声をかけてもらえます。優しい世の中です。

早く赤ちゃんに会いたいなぁ( *´艸`)